宮古島ドットコムブログ

「宮古島ドットコム」のスタッフが沖縄本島から南西へ約330キロのところに位置する宮古島のステキな日々をお伝えします
<< 多良間島産の黒あずき | main | ラムサール >>
取材

晴れの日が多くなり、日中は25℃以上の日が多くなってきたので、
ついにかりゆしウェアデビューを果したスタッフのTです

今回は、今週取材したお店を紹介いたします。

まずは、「ゲストハウス ゆくい」



狩俣集落のメインの通りからわき道に入り、
ちょっと行った先にある今年で19年目の老舗の宿。
海に近く静かな環境で、またオーナーさん親子の人柄もあり、
毎年多くのリピーターが訪れています。



各部屋には、宿泊客が描いた宮古島の風景画が飾られていて、
お客さんとオーナーさんの親しさが伺えますね


続いて「おうちショップ ぬか〜ぬか」



店名の通り自宅の一部分をお店にした雑貨屋さん。
15年前から、年に2.3回は宮古島を訪れるほど
宮古島にはまってしまったというオーナーさん。
店名の「ぬか〜ぬか」は宮古島の方言で、「ゆっくり」という意味で、
ゆっくりしていきなさいという思いをこめて
この名前を付けたのだそうです。取り扱っている商品は全てハンドメイドで、
宮古島のゆっくりした時間を感じながら商品を作るのが楽しいと語っていました




最後は、「食菜 かま田」



宮古島で無農薬栽培、収穫した蕎麦粉のみを使用し、
毎朝手打ちで作っているため、一日に提供できる数も
限られていますが、食材にこだわっているので、
素材本来の味を楽しむことが出来ます



人気のお店なので、休日はお昼前に完売することも
あります。もし休日に行く方は早めに行くことをオススメします










宮古島特産品385store


一番上へ