宮古島ドットコムブログ

「宮古島ドットコム」のスタッフが沖縄本島から南西へ約330キロのところに位置する宮古島のステキな日々をお伝えします
<< 宮古島ドットコムの観光案内所(その1) | main | 髭のかっちゃん >>
島野菜のいろはを楽しく伝えたい♪ 上地八百屋

こんにちわ。スタッフM子です。
ここ宮古島も朝夕は、涼しくなり秋めいてきました。

さて、市場店舗の紹介です。
市場といえば、新鮮な地元の野菜ですよね。

上地八百屋さんは、旧市場があった頃から、約数十年、八百屋を切り盛りをしています。島の野菜農家から仕入れた新鮮な野菜を伊良部島へ出荷したり、飲食店や商店に配達しています。




お店の中は、ずら〜っと島の野菜や果物が並んでいます。
見るだけでも楽しいですよ。



沖縄の定番野菜、ゴーヤー(にがうり)。ツヤツヤしています。豆腐や玉子と一緒に炒めたゴーヤーチャンプルーやサラダ、和え物などにいかがですか。
ゴーヤー1本100円〜


葉野菜も充実していますよ〜。チンゲン菜、からし菜、小松菜、大根の葉など青々とみずみずしい野菜が並びます。こんな新鮮な野菜が100円ですよ〜!
葉野菜1束 100円 
  

これは、イモの葉。和え物や炒め物、雑炊に入れても美味しいです。島では、小麦粉を団子にしたものにイモの葉を入れた団子汁の料理としてよく作られますね。お肌ツルピカ、お通じもよくなります。安いでしょ〜。
イモの葉1束(右) 100円


何とも形が個性的なドラゴンフルーツ。中国語名では、「火龍果」と書きます。日本語名は、中国語の意味そのまんまですね。サボテンの一種です。中身は、赤紫と白いものがあります。
M子は赤紫が好きです。蜂蜜をかけて食べると美味しいです。
ドラゴンフルーツ1kg 300円


落花生(ピーナッツ)です。今の時期が旬です。塩茹でして、おつまみに良いです。ビールと合います。ジーマミ豆腐の材料になります♪
落花生1袋500円


「これはっ!何ですか!?」と本土の観光客さんが驚かれ、問われるそうです。そうですよね、こんな大きな野菜あまりお見受けしないと思います。ナンコウと呼ばれる、カボチャに似た島の野菜です。
ナンコウ1kg100円、2kg(6等分)200円11kg1100円13kg1300円
 

中身は、黄色くカボチャの色に似ていますね。味は、カボチャより水分があると思います。ひき肉やお肉などと一緒に煮物などにして食べます。



上地八百屋さんを訪れるお客さんは、馴染みのある方ばかりです。野菜のアドバイスや世間話などで会話が弾みます♪ 手前の野菜は、トウガンです。何だか形がとってもかわいいです。思わずナデナデしたくなります☆おつゆに入れたり、煮物、和え物にもいいです。
トウガン1個500円


あ、そうそう。購入しても、本土に持ち出しができない野菜と持ち出しできる野菜があるんですよね。詳しくはお店のスタッフに気軽に聞いてみてくださいね。



さて、上地八百屋さんの店主とスタッフさんを紹介しますね。
店主は、上地正子さんです。笑顔が明るい島の大らかさを現したような方です。
八百屋は、父親の代から始めたそうです。
旧市場の様子を子供の頃から知ってらっしゃいます。



正子さん「昔は、野菜を積んだ車が到着すると、奪い合うように野菜を購入していた。活気があった。今も昔も変わらないのは野菜の種類。これからは、若い人たちを見守り育てていきたい」と話しました。ご長男の貢さんが後継者として育っていくことを楽しみにしています。

貢さんと正子さんの妹の米子さんです。共にお店を盛り立てます。



貢さんは、市場のオープンと同時に家業の後継者として奮闘しています。「たくさんの島の人たちが市場に寄ってほしい。お客さんに、野菜の食べ方や育て方を教えながら、市場の良さを伝えていきたい」と抱負を語りました。
米子さんは「人との触れ合いを大切にしていきたいですね」と温かい笑顔で話してくれました。

皆さん、上地八百屋さんを宜しくお願いしますね♪

上地八百屋(うえちやおや)
TEL:0980-72-3044










宮古島特産品385store


一番上へ