宮古島ドットコムブログ

「宮古島ドットコム」のスタッフが沖縄本島から南西へ約330キロのところに位置する宮古島のステキな日々をお伝えします
<< 早朝の青空市場 | main | 十五夜(その2) >>
十五夜(その1)
こんにちわ。スタッフM子です。
今日は、旧暦8月15日の十五夜です。
ですがっ!雨が降ってます〜。せっかくの満月が・・・夕方までには晴れますように!

さて、十五夜の日、宮古島ではふきゃぎ(ふちゃぎ)を作ります。
本土でのおはぎや月見だんごのような供え物ですね。
もちろん、食べられますよ〜。美味しいですよ〜。


市場の駅さんのふちゃぎ1パック(3個入り)240円


小豆は、ほとんどの家庭が宮古島で収穫されたものを使います。
宮古島産の小豆ですが、赤茶色のものもありますが、最近は黒い小豆が人気ですね。
多良間島、伊良部島で生産されています。多良間島の黒小豆は、柔らかくて甘みがありますよ。


当店で販売中。たらま島農産の黒小豆300g 600円
水煮もあります。

作り方です。
(1)小豆を一晩水に浸し煮る。
新しい豆なら40分くらい、古い豆なら1時間くらい煮る(1キロの豆の場合)。一度沸騰したお湯は捨てて、もう一度煮るとアクが取れて上等だそう。
 
(2)煮上がったらザルにあけて、少し風に通して熱いうちに塩を振る。
 
(3)もち粉に水を少しずつ入れながら耳たぶくらいの柔らかさになるまで混ぜる。
 
(4)手の平に乗るくらい(3)を取り、細長い形にする。
 
(5)なべに湯を沸かし、沸騰したら(4)を入れる。浮き上がってから5分くらいゆでる。
 
(6)茹で上がったら少し冷まし、ゆでた小豆をまぶす。


また、十五夜には各地域で伝統行事が行われます。
当店一角では、十五夜の伝統行事と題した写真のミニパネル展を開催中です。

ぜひ、ご来館ください。














宮古島特産品385store


一番上へ