宮古島ドットコムブログ

「宮古島ドットコム」のスタッフが沖縄本島から南西へ約330キロのところに位置する宮古島のステキな日々をお伝えします
ぱんだる50cc

こんにちは、スタッフのTです。

今回は、『ぱんだる50cc』というユニットをご紹介したいと思います。
宮古島市在住の宮平さんと上里さんのお2人が、宮古島をより元気に楽しくしようという思いで結成したのがこの『ぱんだる50cc』。

現在『ラジオ体操〜宮古島方言バージョン』というCDをリリースしているのですが、このCDでは、ラジオ体操のアナウンスが宮古島の方言で、その他体操の動作指示や掛け声も宮古方言で話されているので、体操しながらちょっと「ふふっ・・・(笑)」となることも

ちなみにユニット名「ぱんだる50cc」の「ぱんだる」とは宮古の方言で「ハナタレ」の意味で、「いつまでもハナタレ小僧の半人前」「何事も初心を忘れず楽しくしよう」という意味がこめられているんだとか

もし宮古島のどこかで目にする機会がありましたら、ぜひ聞いてみてください


CDバージョンの他に、DVDバージョンもありますよ

宮古島の地ビール
おはようございます。 朝っぱらからアルコールの話題になります。 私は飲んだことありませんが、朝一のビールは美味しいらしいですよー
昨日、宮古島の地ビールがお披露目されました。 宮古島マイクロブルワリー(高橋代表)さんが製造しています。
さて、お味の方ですが、いわゆる地ビールらしい風味豊かな味わいが特徴です。 少し苦い^^ですが、個人的には飲みやすくて美味しかったー
気になるお値段は1本500円と少々お高めですが、買う価値アリかな〜観光のお土産などにもオススメの商品でした。

南国らしい爽やかなラベルの風味豊かな「とぅりば」
宮古島マイクロブルワリー代表の高橋さん
宮古島まもる君

宮古の交通安全を心から願うまもる君


おはようございます。
今日は、日々宮古島の交通安全のために頑張っている。
下地字洲鎌在住の宮古島まもる君を紹介します。

そうそう、私の甥っ子から聞いた話だとまもる君は、兄弟が5〜6人
居るみたいです。
洲鎌在住のまもる君は、何番目なのかな〜?
そして一人ひとり微妙に顔が違うみたいです。
今後、まもる君が何人兄弟なのか宮古島のどの辺に佇んで居るのか調べてみたいと思いま〜す。
十五夜 宮古島の風習 シーシャーガウガウ
昨日25日は中秋の月で、「八月十五夜」を楽しみました。

*十五夜の行事は、中秋つまり旧暦(太陰太陽暦)の八月十五夜に行われます。ただし、「中秋の名月」というのは、単に中秋の月のことをさしていますので、この月が必ずしも満月(望)になるとは限りません。≪十五夜HPより〜≫

手作りの獅子(シーシャ)の姿で厄払いをする「シーシャガウガウ」 

宮古島では「十五夜」に当たる二十五日夜、子供達が手作りで個性豊かなシーシャをかぶり、家々や事業所で踊りを披露するのです。
(写真撮影をお願いすると、形だけじゃなく「しいさあーがうがう!しいさあがうがう!」って声をだしながら踊ってくれたんですよハート
なんて直ないい子たちなんでしょう。ありったけの小銭をあげました。
∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞──
小銭がなくなったので、前の店にはいり両替しました。

タイヨー君もシーシャー風に記念写真を撮りながら、両替してくれました。

お次に出会った子達も、「シーシャーガウガウ、シーシャーガウガウ」と連呼し、厄を払ってくれていました。
その様子が、もうかわいくてかわいくてラブラブラブ
 
ご協力ありがとうね。(¥300しかあげられなくてごめんね・・・)

最後に出会ったシーシャーガウガウのグループは女の子のグループでした。
女の子には踊らなくても¥500あげましタ★

宮古島「十五夜」の定番ふきゃぎという餅に黒豆をくっつけたもの。≪手作りできる方が多くいるので感心しています≫





プール
今日,営業自動車で行った所。私の好きなニコニコ場所の1つでもあります。
素敵でしょっおはな
島モノシリーズ その
宮古島にはいろんな特産の食品や物がたくさんあります。

フードで言えば、天ぷらやアイスケーキにアイスボンボン、
島とうがらしやうずまきパンなど。。。
物で言えば、海人めがねや宮古上布などなど。。。

その中でもうひとつ忘れてはいけないのが・・・コレ!



名前は 「アダンバゾウリ」 といいます!
あだんの木の葉を編んで作られているので「あだん葉のぞうり」・・・つまり
「アダンバゾウリ」というわけ!


たくさん編まれているわりにはすごく軽くて、
足の裏にあだんの葉のここちいい刺激とサラッとした感触がたまらない!
すべて天然素材だからムレなどなし!
もちろんひとつひとつ手作りです。

さすがは昔の人が生み出したモノです!

「暑い宮古島ゆえに少しでも涼しく・・・」

ここにも昔の人の知恵がうかがえますニコニコ


最近は「ゴムぞうり(島ぞうり)」が人気だけど、
これもぜひ忘れてほしくない一品なので、宮古島に来たときには探してみてくださいネラッキー


ちなみにコレがあだんの葉と実 ↓
あだんの実
「島」でみつけたイイもの
夏のように暑くなったかと思えば

またココ2,3日、北の風が強く雨まじりで肌寒くなっている宮古島です。

こんな天気ではキビ刈りも大変だろうな・・・(;´Д`)ゴクロウサマデス

さて・・・少し話は変わりますが。。。

つい先日、“宮古島のイイもの”を発見しました!

といっても、昔からあるものなのですが、ちょっとご紹介したいと思います。

コレです

島とうがらし

そう、、、島とうがらし!!!デス

ぞくに“鷹の爪”と呼ばれる唐辛子とは違って、色は赤というより朱色っぽい。

形も小さめのズングリムックリです。

そして何より特徴的なのがその辛さ!

通常の唐辛子に比べ何倍も「辛っっ」!!!

最近よく耳にする「ハバネロ」に引けをとらないほど激辛です!

先日、そんな「島とうがらし」をいろんな物に加工しているトコを友人からご紹介いただきました!

「垣花農園」さんです。←click click

宮古島のお食事処で目にするアレです。カライ!!Σ( ̄Д ̄;)デモ(´∀`)ウマイ!

いろんな種類があって、お料理にけっこーで役立ちそうでしょ?

イタリアン好きのわたし的には「オリーブオイル」が気になりました!





宮古島特産品385store


一番上へ